決められたスケジュールで短期間の合宿免許

決められたスケジュールで短期間の合宿免許

合宿免許とは、自動車学校に自宅などから通学するのではなく、宿泊施設に滞在し、短期間で集中的に運転免許を取得するための教習を受けることを指します。
あらかじめスケジュールが決められており、集中的に教習を受けれるようになっています。



大まかな流れは、合宿免許を行っている教習所へ希望日時と宿泊施設の部屋タイプなど申込をし、住民票など必要書類を持参して教習所へ入校します。説明や適性検査などを受けてから本格的な教習が始まります。

学科と教習所内のコースでの技能教習を受けて、修了検定と仮免学科試験の両方に合格した後、仮免許取得となります。



仮免許取得後は、一般道路や高速道路での運転と学科、応急救護の訓練を受けて卒業検定に合格し、卒業証明書の交付を受けて合宿免許は終了となります。帰宅後、住んでいるところ(住民票があるところ)の運転免許センターで行われている本試験に見事合格すれば、免許証が交付されます。



スケジュールが決められているため、技能教習を毎日最大限受けることができるというメリットがあります。仮免許取得までは2時限まで、仮免許取得後は3時限までと決まっているため、スケジュール通りならば普通車マニュアルであれば16日間という短期間で終わることができます。
短期間で集中的に行えるため、春休みや夏休みなどを利用して合宿免許を取る学生が多いです。合宿免許を行っているところは、比較的落ち着いた環境にある教習所が多く、温泉入浴ができたり、料理が美味しいというところもあります。

Copyright (C) 決められたスケジュールで短期間の合宿免許 All Rights Reserved.